インテル入ってる。

戯れ言の雑文です。
神田桂一
2021.08.17
読者限定

僕が高校生のとき、パソコンのCPUの最大手メーカーは、米インテルだった。主要なパソコンには、必ず、「intel inside」という文字が書かれたシールが貼られていた。しかし、日本で流れるCMやその他媒体には、「インテル入ってる」という、広告的な、あまりに広告的なキャッチコピーが作られ、流通していた。

高校生である僕は、パソコンから、シールを剥がし、筆箱、傘、ロッカー、学生服のポケットなど様々な小道具にそれを貼り付け、遊んでいた。ちょっとしたいたずらである。インテル入ってるわけないのに。周りの誰もが呆れていた。その偏差値の低さに。

その証拠に、インテルをインストールした直後から僕の成績は下降の一途をたどり、高校を卒業する頃には目も当てられない数字になっていた。インテルの効果、逆に絶大である。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする